カテゴリー別アーカイブ: 転職して収入を上げる方法

自分の強みを転職に活かす方法

 転職を成功に導くには、自分の強みを希望する企業の面接担当者に理解してもらう必要があります。

 では、あなたの強みとはなんでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

 「強み」と聞くと、どんな内容をイメージするでしょうか。多くの人は、「私には強みなんてないです」と思うかもしれませんね。語学のスキルとか、簿記などの資格を強みと考える人もいるでしょう。

 人間は、なかなか自分の事がわからないものです。自分自身とは24時間いつも一緒にいるわけで、当然ながら弱い自分も知っています。むしろ、弱さにばかり目がいくかもしれません。

 また、周りの人を見ると、自分とは違ってすごい人ばかりと思うこともあります。その事が自分に対して劣等感を持つ事にもつながります。

 自分の強みを知るためには、自分を客観的に見つめなおす必要があります。そのために役立つ方法は、自分自身の年表を作る事です。

 生まれてから現在に至るまで、いろいろな経験をしてきたはずです。うまく出来たこともあれば、失敗もあったでしょう。そのすべてがあなたの強みです。

 転職を考えたなら、一度時間をとって、自分年表を作ってみましょう。

 

 

転職するのに一番必要なスキルとは?

 転職して収入アップしたい人にとっては、普段からスキルアップすることを意識して仕事をするべきです。では、どんなスキルを取得することを目指せばいいでしょうか。

 スキルと聞くと、ちょっと難しい、高等なイメージを持つ人がいるかもしれません。例えばパソコンを人よりも上手に使いこなしたり、英語を話したり、資格をとったり、というようなものです。

 もちろん、これらの専門スキルは仕事にも役立ちますから、身につけるに越したことはありません。ただし、専門的なスキルがあれば即収入アップにつながるかというと、そうとも言い切れません。

 会社で仕事をするというのは、組織(チーム)として成果を出すことです。ですから、組織の中で成果を出せない人は、どんなに専門的なスキルが高くても、使えない人になってしまう危険性があります。

 特に、20代で転職を考えている人は注意して欲しいのですが、専門スキルが高ければ転職して成功できる、または専門スキルがないから転職は無理だろう、と思うのはちょっと早計ということです。

 では、どんなスキルが一番必要なんでしょうか。

 私の考えでは、他の人とコミュニケーションするスキルが一番必要だと思います。さて、コミュニケーションとはなんでしょうか。

 わかりますか?

 普段何気に使っている言葉ですが、いざ説明すると難しいかもしれません。

 コミュニケーションとは、自分の考えを相手に伝えることです。そして、相手の考えをしっかりと聞くことです。

 人間という生き物は、同じ事を考えているように見えても、意外に理解度が違ったりするものです。思い込みや一方的な決めつけで人間関係を進めていないか、一度チェックしてみましょう。

 

転職して収入を上げる方法を考える

 転職を考える場合、今よりも収入を増やしたいと考える人は多いと思います。ここでは、転職で収入を上げるためにはどうすればいいかを考えてみましょう。

 収入を上げるには大きく分けて2つの方法があります。1つは、自分の価値を高めることです。2つ目は、より高い収入を払ってくれる会社や業界、または職種に就くことです。

 自分の価値を高めるにはどうすればいいでしょうか。まず最初に考えられるのが、スキルアップすることです。ビジネスのスキルにもいろいろな種類がありますが、もっとも収入に直結するのは、セールスやマーケティングのスキルでしょう。これらのスキルは企業の収益に直接関わってくるからです。そのほかには、組織をマネジメントするスキル、業務を効率化するスキル、無駄なコストを削減するスキルなども重宝されます。

 収入を上げる2つ目の方法は、現在より高い収入を払ってくれる会社、業界、職種に転職することです。どんなに高いスキルを持っていても、会社の業績が頭打ちだったり、市場が飽和しているような業界の場合は、社員の給料にも限界があります。また、仕事の成果が数値でわかりにくい職種も、給料の大幅アップが難しい面があります。

 転職の目的を収入アップと考える場合は、以上の2つについてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。