Share on Facebook
Share on LinkedIn

札幌で、社会人の学び場をプロデュースしている宇山です。

前回の記事では、自信にはふたつの種類があることをお話しました。

それは、根拠のない自信と、根拠のある自信です。

「根拠のない自信」を持つためには、自分を信じると決めるだけです。このことが、本当の自信を持つための第一ステップになります。

第二ステップは、根拠のある自信を持つことです。

根拠のある自信とはなんでしょうか。簡単にいうと、「実績」です。

人間は、精神的な存在であると同時に、物質的な存在でもあります。ここでいう「実績」とは、物質的な世界でなにを行ったのかということです。

言い換えると、行動です。

それでは、根拠のある自信を持つために、最初にやることを説明します。

それは、目標を決めることです。

目標を決めて、それを達成するために行動する。これが実績につながります。実績が増えることによって、根拠のある自信が増してきます。

最初は他人と比べる必要はまったくありません。どんな小さな目標でもいいので、それに向かって努力してみましょう。

なお、目標の決め方にはルールがあります。

■目標の決め方
1.具体的である
2.数値で測定できる
3.期限がある

各項目については、次回以降で詳しく説明していきますね。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

今回のブログについてなど、なにかお聞きになりたいことがありましたら、お気軽にメールフォームからご連絡ください。
自分に自信をつけて、仕事でもプライベートでもがんばりたい方へ。大人の学びをプロデュースする購買サポートセンターのビジネススキルアップトレーニングを活用してください。短期間で、一人ではわからなかった気付きが得られると好評です。
■ビジネススキルアップトレーニング

購買サポートセンターでは、チャンレンジするビジネスパーソンを全力でサポートしています。下記をご覧ください。
http://supportx.jp/product/