Share on Facebook
Share on LinkedIn

アラサー社員のアウトプット力を鍛えるコンサルタントの宇山茂樹です。

アウトプットを継続するためにカギとなる3つのポイントを解説しています。

前回のブログでは、「習慣化」することがアウトプットの継続に大切であることを説明しました。

今回は2つ目のポイントについてお話します。

アウトプットの継続に重要な第2のポイントは、「仕組化」です。

「仕組化」というのは、アウトプットを行うプロセスが、ある程度自動化されていたり、あまり労力をかけずに実行できる状態になっていることです。

それでは、毎日ブログを書くことを例にして、どのように仕組化すればいいかを考えてみましょう。

まず最初に考えることは、「毎日ブログを書く」というアウトプットの中に、どんな工程があるのかを細かく分解してみることです。

・書くネタを決める
・パソコンを立ち上げる
・記事を書く
・ネットにつないてブログにアップする

ブログ記事を書くという行為は、このような形に分解することができます。

次に、このプロセスの中で毎回時間がかかってしまう部分を分析してみます。「毎日ブログを書く」というテーマであれば、「書くネタを決める」というプロセスが一番難しいところでしょう。

すぐにネタが決まるときもあれば、一生懸命考えてもなかなか思い浮かばないときもありそうです。

ネタがなかなか思い浮かばないという状況は、とてもつらい状況です。ですから、毎日ブログを書くと決めても、ネタ探しの苦痛があるので、なにか言い訳を考えて書くのを止めてしまう、ということにつながる危険性があります。

ですから、毎日ネタ探しをしなくてもすむような方法を考えておく、これが「仕組化」です。

ひとつの方法としては、あらかじめネタを考える時間をとって、数多くネタを準備しておくというものが考えられます。また、ネタになりそうなものが思い浮かんだときには、携帯メールなどでこまめに集めておく、といった方法もありそうです。

人間は弱い生き物で、意思の力には限界があります。なるべく意思の力に頼らなくてもアウトプットが実行できるような工夫をすることが、アウトプットの継続につながります。

最後までお読み頂きまして有難うございました。

購買サポートセンターでは、短期間で効果的にスキルアップできるトレーニングを提供しています。下記をご参照ください。

ビジネススキルアップトレーニング
http://supportx.jp/product/skillup/