Share on Facebook
Share on LinkedIn

札幌で、社会人のアウトプット力向上を目的としてセミナーを開催している、社会人学び支援家の宇山です。

このシリーズでは、『アウトプットの基本として、4つの要素を考えることが重要』というテーマでお話しています。今回は、「なにをアウトプットするのか」というテーマです。

【アウトプットを成功させる4つの要素】
1.(対象)誰にアウトプットするのか

2.(内容)なにをアウトプットするのか

3.(方法)どうやってアウトプットするのか

4.(目的)なんのためにアウトプットするのか

■その2.(内容)なにをアウトプットするのか

あなたがアウトプットしたい内容はどんなことでしょうか。

ビジネス、趣味、自分の思いなどの、アウトプットするべき内容があるはずです。

アウトプットの上手な人は、「なにをアウトプットするか」をしっかりと考えてから行動しています。

この、「考える」という行為がとても重要なんですね。

考える際には、テーマを少しずつ絞り込んでいくのがお勧めです。

例えば、このブログの記事では、「アウトプット力の向上」というテーマを書いていますが、「アウトプットを成功させる4つの要素」という風に絞り込んで書いています。

自分のことについてアウトプットする場合、「私の人生」という大テーマから、「学生時代」とか、「年代」に絞り込んで考えてみましょう。

なにをアウトプットするかを考えるということは、書いたり話したりする行動を、より簡単にする秘訣です。

自分がストレスなくアウトプットできる内容を考えてみましょう。

次回は、「どうやってアプトプットするか」というテーマです。

購買サポートセンターでは、短期間で効果的にスキルアップできるトレーニングを提供しています。下記をご参照ください。

ビジネススキルアップトレーニング